海外就職を実現させる手段としての留学

日本という国はこれからどんどん人口も減っていき、それに伴って国内経済や様々なマーケットの規模も縮小し続けていくことが予想されます。

そんな日本を飛び出して、欧米だけでなく、成長著しいアジアやオセアニアなどの海外で自分の可能性を試したいと考える人も増えてきています。ただし、そこで大きく立ちはだかる最初の壁が言葉の問題と文化の違いです。ある程度、自分に語学力に自信がある人やすでに職務経験が豊かな人はいきなり海外就職にチャレンジするのもありですが、現地国で就労ビザを取得できるだけの条件を満たす必要があるなど、それなりのハードルがあります。そして実際はそのようなバックグラウンドがなく、これからチャレンジしようとする人のほうが多いでしょう。その大きな解決方法に留学という手段があります。

留学は語学留学に始まって、各種専門学校から日本でいう短大に当たるカレッジから4年生大学の学部、さらにマスターといわれる大学院修士課程など目的やレベルに応じて様々な選択肢があります。留学を成功させ、さらには本来の目的である海外就職を成功させるには、日本でそのプランを練る時から将来の仕事のことまで費用面を含めて、戦略的に考えることが必要になってきます。

海外で学ぶことの意義としては、クラスメートとともにグループディスカションをしたり、レポート提出したりすることで、語学面だけでなく、彼らのものの考え方がわかったり、文化的な違いも感じ取れる貴重な経験となる点です。さらに海外就職を念頭においた留学で大きなアドバンテージになるのが、インターンシップを通じて合法的に現地国の企業で就労経験が積めることです。場合によっては卒業後にその会社がビザスポンサーになってくれ、そのまま就職ということにもなりますし、就職活動においてその経験をアピールしながら、就職のチャンスを掴む布石となってくれるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *