留学に行く前に準備しておく3つのこと

留学に行く目的に「英語を学ぶため」ということを挙げる人は非常に多いですが、実は長期留学の場合はこれを目的にしてしまうとせっかく留学しても得るものは少なくなってしまいます。

語学はあくまでも手段だということを頭に入れた上で、外国での生活を楽しむことが大切です。「英語のアウトプット練習」現地に行けばコミュニケーションツールは英語になります。確かに現地でも学べるのですが、英語を目的にするとここでまず躓いてしまうので、できるだけ自分の言いたいことは伝えられるようにアウトプットする練習は必要です。「現地情報を仕入れる」現地の情報をできるだけ仕入れておきましょう。

必要なもの、あったほうが良いもの、自然環境についてなど多くの情報を仕入れておくことで安心できるからです。ただ、気を付けなければならないのはインターネットの情報は鵜呑みにしないこと。できるだけ現地に行ったことがある人を探して直接聞くようにすると間違いがありません。「日本のことを学んでから行く」意外と多い事例として、日本のことをたくさん聞かれたけどぜんぜん答えることができなかったということがあります。

日本人が日本のことを知らず恥をかくことはよくあります。留学の目的として「異文化交流」「異文化理解」を挙げる人は多いはずですので、日本の自慢できる自然、文化、習慣など聞かれそうなことはあらかじめ勉強しておき、聞かれたときに困らないようにしておくことは大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *