語学留学に行く前に取り組むべきこと

日本への外国人が急増し、街中で英語などの外国語を耳にする機会が増えました。

それにともない、海外の人とコミュニケーションをとれるようになりたいと考え、外国語を学びたいと思う人も増加傾向にあります。語学を習得するにあたって最も有効な手段は語学留学です。アメリカでの同時多発テロ以降、日本から海外へ留学したいと考える学生は激減しましたが、近年は再び注目されています。語学留学を充実したものにするためには、事前の準備が非常に大切になります。

何も考えずに海外へ渡っても、現地の人と上手くコミュニケーションをとれずに孤立してしまったり、現地にいる日本人と付き合うだけで期間が終了してしまい語学が上達しないということも少なくありません。日本人は日本国内においてでさえ、積極的に他人に話しかけたり議論を交わしたりする性格ではありません。そのため、留学前には心構えをしっかりすることと、日常会話ができる程度の語学力を身につけていた方が、現地の人と話す勇気を持つことができ、語学が上達する可能性が高くなります。

また、日本人はテロや犯罪に対する危機感が少ない傾向があります。アメリカでの同時多発テロで日本人が過剰に反応したことからもわかるように、日本にいれば安心だという考えがあります。しかし、現在ではテロはどこの国でも発生する可能性があります。また、同じ国でもテロの可能性が少ない地域と高い地域があり、犯罪の可能性も同様のことが言えます。そのため、留学する際には、事前に渡航先の情報を集めて、危険に巻き込まれないよう準備する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *