留学先に喜ばれる日本のお土産

留学で海外に行けば、世話になる事が語学学校の先生、ホームステイ先のホストファミリー、寮施設の管理人たちです。

同じクラスになり、友人となった外国籍の学友たちやショートトリップで世話になった人たちなど、留学では現地の人たちに世話になることは無数にあります。それらの世話を料金を支払っているから当然のことする人もいるでしょうが、ありがたいこととして謝意を示したい所です。謝意を示す上で一番簡単なことが、日本土産を渡すことです。お土産は日本らしさが現れているものが良いでしょう。

外国から見て日本を代表する産物と言えば「富士山」「芸者」「忍者」「相撲」「柔道・空手」「浴衣・着物」「風呂敷」「うちわ・扇子」「浮世絵」「暖簾」などです。国内では、人気が無いグッズも舞妓や浮世絵などがプリントされているだけで海外では喜ばれます。浮世絵がプリントされているマグネットや文房具、舞妓や忍者がプリントされたTシャツなどです。和食は不可欠な箸も本来の目的で使われなくとも、コーヒーをかき混ぜるスプーンの代わりに使用され喜ばれます。

本格的な日本人形が高価なためアニメっぽい日本人形を選ぶ場合もあります。今やアニメは日本の代表的な文化の1つです。日本の新旧がミックスされたグッズも十分にお土産の価値があります。留学先で折鶴を折り紙で数羽折って渡す方法も良いでしょう。穴あきの五円玉は外国では珍しいコインですが、厳格に人ほど金品の受け取りを怪訝な顔で拒否するので気を付けると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *