海外留学を目指すなら

様々な目的のもと海外を目指す人がいます。

留学をしたいと思った場合、どのような準備をすればいいでしょうか。まずはじめにどの地域に行くかを検討すべきでしょう。語学留学が留学生の最大の目的だと思いますが、たとえば英語を学ぶというだけでも、アメリカ、イギリス、オーストラリア、香港、インドなど行く先は多岐にわたっています。留学先を決定するにあたって指標となるのは現在の自分の語学力です。語学力がそれ相応にある場合は海外どこの国に行ったとしても(英語圏ならば)、困難に直面することはありませんが、国・地域によっては訛り、アクセントの違いなどもあるので初級者には難しいはずです。

これに加えて重要なのは文化への理解です。欧米諸国の場合、紳士淑女の文化が根付いていますので、レディーファーストは当然ですし、マナーにも気をつけなければなりません。一方で食事で左手を使ってはいけない、露出の多い服装をしてはいけないなど宗教的な理由に基づく文化などもあるので事前に文化・慣習へのリサーチが必要で、自分が全く知らない文化圏にいきなり飛びこむのは自分にとっても、海外の人々にとっても好ましいものではないでしょう。

場所をある程度、検討したら留学プログラムを探しましょう。様々な機関がプログラムを実施しているので、前述のポイント等を考慮した上で自分の計画・目的にあったものを選ぶといいでしょう。なかには語学検定による基準を設けているものもあるので注意しましょう。とくに海外の大学に短期で研修を行う場合などは必須となりますので、英語であれTOEFLやIELTSといった日本ではまだなじみが薄いですが各種試験を受けておくことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *