アメリカ留学で気を付けたい行動とは

夢と希望に満ちたアメリカ留学を満喫するためにも、海外だからこその危険も知っての行動をすることも必要になります。

あまりにも平和な日本で暮らすと、その平和な感覚のままで海外でも行動をしがちです。渡米をして近所に顔見知りができると、心細い日本人には安心感が生まれます。しかし近状で数回顔を見たことがある人でも、他人の車には乗らないことです。ドアをロックされ、そのまま連れ去られてもあとの祭りです。

日本人にはあまりパーティーの習慣はありませんが、海外ではパーティー開催の頻度は多く、アメリカ留学でも参加をすることはあります。パーティーといっても質の低い内容のものには参加をするべきではなく、当然のようにドラッグを使っている人たちがいるパーティーは、誘われても行ってはいけません。20歳を超えた学生のアメリカ留学であれば、現地でバーに繰り出すこともありますが、特に女性は要注意です。誰かから渡されたドリンクを、無防備には飲まないようにします。

間に人を入れると何を入れられるかわかりませんので、注文をしたら本人が店員から直接受け取ることです。夜遅くなっても日本の場合は特に都心へ行くほど明るくて、24時間オールナイトで遊べるものの、海外では遅い時間行動は控えます。深夜の一人での行動は厳禁であり、夜出掛けるならば友人と共に行くこと、また歩きではなくタクシーを利用することです。いくつもの注意をする点はありますが、基本的に日本との違いを理解して、勉強メインの規則正しい生活を送れば、さほど心配をすることはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *